0120-090-6990120-090-699

受付時間:9:00~19:00(土日祝祭日休み)

メールでのお問い合わせ

最新ニュース・特集

「24時間営業」に見直し機運=流通や飲食、人手不足が影響
2019.03.07

流通、飲食業界で24時間営業の見直しを探る動きが広がってきた。近年の深刻な人手不足や深夜の客数減が響き、年中無休の終日営業が難しい店が増えている。ほぼ全店で24時間営業を行うコンビニエンスストア大手も重い腰を上げ、「例外」の拡大を検討し始めた。

コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパンは3月中旬以降、10の直営店や一部の加盟店で営業時間を短縮する実験に乗り出す。

セブンでは深夜に閉まるビル内などを除く約96%の店が24時間営業。短縮を求める声はこれまでもあったが、事情次第で一部を容認してきたファミリーマートやローソンと異なり、収益減などを理由にかたくなに拒んできた経緯がある。2月に大阪府の加盟店が本部の制止を聞かず深夜営業を中止した問題も、こうしたセブンの硬直的な姿勢が招いたと指摘する声は多い。

セブンは数カ月間、深夜営業の中止による売り上げや客数、物流への影響を分析。「24時間営業の原則は変えない」(幹部)方針だが、実験結果を検証した上で、店舗ごとの事情に応じて一部は短縮営業を認めることも検討する。

コンビニに対抗して24時間化を進めたスーパーにも見直しの動きがある。イオン子会社のマックスバリュ西日本(広島市)は全182店舗のうち25店舗で24時間営業を行っているが、今月21日に取りやめる。

飲食業界ではロイヤルホールディングスが2017年、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の終日営業を廃止した。広報担当者は「混み合う時間に店長や料理長が勤務できるようになり、スタッフ教育にも目が行き届くようになった」と利点を強調する。

ガスト」などを展開するすかいらーくホールディングスは24時間の店を縮小。ピーク時の09年末には約730店だったが、18年末で約230店まで減った。

 

約40年前に始まったコンビニの24時間営業休めない!!ではなく、企業も社員も計画的に!
セブン-イレブン第1号店が登場したのは、昭和49(1974)年。翌年には、セブン-イレブン虎丸店(福島県郡山市)が24時間営業をスタートし、これが日本初の「一日中開いているコンビニ」だといわれています。

 

人手不足の原因は、営業時間だけではない?
小売店の長時間営業はよく現代の問題点として取り上げられ、「昔はこんなに便利ではなかった」「でも、便利さには代償もある」などといわれることがあります。しかし、先述の通り、コンビニの24時間営業がスタートしたのは約40年前のことなのです。現在は「いつでも利用できるお店」は珍しいものではなくなりましたが、その一方で、人手不足が深刻化しており、営業時間を短縮する動きが起こっています。
日本経済新聞らの報道によると、セブンイレブンの全国の直営店10店舗。3月中旬から順次、営業時間を午前7時~午後11時までに変更するとのこと。つまり、社名の由来でもある「朝7時から夜の11時までの営業」に戻すわけです。
しかし、オーナー側からは「午前6時台に客数の多い店もあるのに、なぜ一律で午前7時~午後11時営業なのか」「24時間営業だけでなく、『利益配分が厳しく、加盟店が人件費を捻出できないこと』も人手不足の原因になのではないか」などと疑問視する態度を示しており、24時間営業を巡る問題には人手不足だけでなく、本部とFC加盟店の関係なども関わっている」と考えると、課題解決の道のりはかなり複雑である。

 

人手不足!見方を変えると?
人手不足は深刻な問題である。しかし、角度を変えて見ると「人」では無く「会社」「店」いわゆる、受入れ側が飽和状態で余ってしまい、働く側とのバランスが悪いのでは?
ベビーブームと言われた人達が働いていた「器」しかし、人口自体は変わらないが「働き手」は減っている。企業側は50歳以上は出来れば雇いたくない。少子化対策が取られている日本。これから先必要な人材「働き手」は減っていく一方である。
コンビニやスーパーは半径数百メートルの中に何軒あるだろうか?それが1店舗であれば人手不足にはならないのではないだろうか?お客様を取り合い、従業員を取り合い、従業員確保の為に給料をアップし売上に大きなダメージを受ける。
便利さを求めた結果の「需要と共有」ではあるが、今や「買物はネット」が便利である。時代は流れ「働き方改革」は良いと思うが、「人手不足」「24時間営業廃止」何か大切な事や根本的な何かが見落とされている様な気がしてならない・・・

TOP

お仕事に関するご相談・お問い合わせはこちら

お仕事に関するご相談スタッフ登録はこちら 法人の方はこちら

0120-090-6990120-090-699

受付時間 : 9:00~19:00 (土日祝祭日休み)

Copyright (c) 2011 MAN CAPITAL Co. All Rights Reserved.